よつば家の本棚

大好きな漫画や「お得♪」を探して。この本棚に並べていこう

【おすすめ漫画 感想考察】「はじめの一歩」 幕ノ内一歩と宮田一郎 縁の行き先…

はじめの一歩

こんばんわ(*^-^*)ギラファです。

いつもはもうひとつのブログで,特撮やビジネス本について熱く語っております。

が,こちらでは漫画についても語っていきたいと思います。

本日は,ボクシング漫画の代名詞「はじめの一歩」について語っていきます。

有名な漫画ですので皆様ご存知だと思います(笑)

それでは皆様,お付き合いをよろしくお願いいたしますm(__)m

森川ジョージ「はじめの一歩」のコミックス情報

  • ジャンル:少年漫画/ボクシング漫画
  • 巻数:126巻(2020年1月現在も絶賛長期連載中‼‼)
  • 発行:講談社 少年マガジン
  • 年代:1989年から連載

 

現在もマガジンで週刊連載を続けているという,とんでもない作品です(笑)(^_^;)

 

ざっくりしたあらすじ

いじめられっ子の主人公・幕ノ内一歩さんが,鷹村守さんと出会いプロボクサーになる。

「強いってなんですか?」その答えを求めながらプロボクサーとして戦い続ける。

主人公の幕ノ内一歩さん以外の登場人物が,スピンオフ的に試合(活躍)をする。

最近では主人公がプロボクサーを引退し,トレーナーとして活躍をしている。

 

彷徨える雷神「宮田一郎」の想い

 ギラファは今回,ストーリーよりも,あるキャラクターにスポットを当ててご紹介したいと思います。

主人公・幕ノ内一歩の有名なライバル「宮田一郎」さん。

カウンターとスピードを武器にするボクサーです。

主人公が風神と呼ばれ,宮田さんは雷神と呼ばれています。

ライバルでありながら,主人公とはプロのリングでまだ一度も戦っていません(^_^;)

戦う機会が一度あったのですが,「宮田さんの父のボクシングが間違っていなかったこと」を証明することを優先します。

その結果2人が戦う機会が失われました……

宮田さんは,東洋太平洋タイトルを防衛しながら主人公と戦う日を待ち続けます。

 

父のボクシングの正しさを選び,ライバルとの試合を諦めたはずなのに…ライバルとの試合をしようとしている……

ギラファ自身,宮田さんの考えや,姿勢に一貫性がないなと思っていました。

しかしブログを始めて,作品や登場人物の考察を続ける中で,その考えは間違っていたと思います。

なぜならば人は…

 

その時の選択に迷い,後悔をする

後悔があるからこそ,間違っていると分かっていながらもその選択にしがみつく

 

宮田さんも,「父のボクシングが正しかったと証明したい」「ライバルと試合がしたい」この両方が譲れなかったから,連載中の今も主人公と試合をしたいという想いにしがみついています。

上を目指せる才能がありながらも,今の位置に足踏みしている雷神「宮田一郎」

彼の想いが報われる日が来るのか?

答えは未来にあるのでしょう。

私ギラファは,未来がその想いに応えてくれることを願ってやみません……

主人公なのに現役じゃない(-_-;)

主人公なのに,幕ノ内さんはプロボクサーを引退しています(笑)

人を育てる立場として今はボクシングに関わっています。

 

はじめは「プロボクサーを引退したらもう話は終わりじゃないか?」と思いました。

しかし,違いました。

「ジャブとはなにか?」

主人公が現役時代とは違った視点でボクシングを観ていました。

そこが,1人の読者として面白く読んでいます(^◇^)

 

壮大なストーリーを楽しんでほしい!

 序盤はボクシング初心者だった主人公が,師匠や先輩と言ったまわりの仲間に支えられながらボクシングを通じて成長していきます。

主人公の成長と,ストーリーを楽しむことができますよ(*^-^*)

気になる方は,ぜひ一度読んでみてください。

それでは,皆様共に漫画を楽しんでいきましょう(^◇^)