よつば家の本棚

最良コスパで*幸せ子育て♪

【漫画感想レビュー】「湾岸ミッドナイト」車の改造に,人生をつぎ込んだ男たちのストーリー

湾岸ミッドナイト

こんばんわ(*^-^*)ギラファです。

本日は,車好きのバイブル「湾岸ミッドナイト」について語っていきます。

個人的には,頭文字Dと肩を並べる有名な車漫画と思います。

 湾岸ミッドナイトも頭文字Dに負けないくらい魅力的な登場人物に溢れています。

それでは皆様,お付き合いをよろしくお願いいたしますm(__)m

楠みちはる「湾岸MIDNIGHT(ミッドナイト)」のコミックス情報

  • ジャンル:青年漫画/車漫画
  • 巻数:全42巻(第1作完結)
  • 発行:講談社 週刊ヤング少年マガジン
  • 年代:1990年から連載

  

ざっくりしたあらすじ

首都高速道路を舞台にした公道レース。

悪魔のZと呼ばれる車と主人公に,新しい登場人物が挑戦していくストーリーです。

見どころは登場人物の台詞が詩的な名言ばかりの漫画です。

実際にマネしてはいけないライフスタイル&ドライビングテクニック……

 

車の改造に人生を注ぎ込むレベルでお金をつぎ込んでいます(笑)

あっ,皆さんは作中のように「首都高を時速300kmで爆走」してはいけませんよ( ̄▽ ̄)

……はい。そもそも無理ですね(笑)

 

「湾岸の帝王」島達也の魅力

主人公のライバルとして初期から登場する,生粋のポルシェ乗りです。

黒いポルシェが愛車です。

物語が始まる前から,首都高速道路を走っています。

劇中のセリフから,最低限の生活費以外の全てをポルシェにつぎ込んでいます

また,劇中愛車でのポルシェに凄まじい改造を施し,圧倒的な速さを手に入れます。

その副作用もすさまじいものでしたが……

 

愛車にこだわることのカッコよさ

改造の副作用により,島さんのポルシェの欠点が凄まじいものになってしまいました。

それでも島さんは,それを受け入れ湾岸の帝王として走り続けます。

愛車から違うポルシェに乗りけることなく,走り続ける姿勢は「カッコイイ」の一言です。

島さんのこの姿勢は,車に限らず人に対しても同じことが言えると思います。

「欠点を受け入れ,分かってしまえばそれはもう欠点ではない」と(*^-^*)

欠点も受け入れるネコ

長所も欠点も,すべて含めてこそ「自分」ニャー

公道を舞台にした詩は終わらない

「湾岸ミッドナイト」, 今回ご紹介したのは第1作にあたります。

以下の通り続編があります。

  • 湾岸ミッドナイト C1ランナー(第2作)
  • 銀灰のスピードスター(第3作)
  • 首都高SPL -銀灰のSPEEDSTER-(第4作)

 

このように,大長編となっており読み応え抜群です!

気になる方は,ぜひ一度読んでみてください。

「湾岸ミッドナイト」を試し読みする【ebookjapan】

 

それでは,皆様共に漫画を楽しんでいきましょう(^◇^)

ギラファでした!